読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

milehack.com

milehack(マイルハック) マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

ANAマイルを貯める最適なカードを考える vol.1 (ANA VISA ワイドゴールド編)

f:id:buffalocucum:20160418222932p:plain

2月からANAマイラーとなり、早2ヶ月が経とうとしていますが、私のメインカードは実はJALカードです。
以前はJALマイルを貯めていたため、今もそのまま使っているのですが、そろそろANAマイルを貯めるメインカードを本気で決めようと思い立ちました。

いろいろ調べてみると、「最強の還元率!」とか「最強カード!」とかよく見ますが、カードの使い方は人それぞれであり、必ずしも最強カードが自分にとって「最適」であるとは限りません。

そこで、いくつかの候補の中から自分にとってどのカードが「最適」なのか?考えてみることにしました。

今回の検討対象は「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。
よく最強と言われるカードですね。私の中でも最有力候補です。

なお、現時点でANAマイラーの最強カードは「ソラチカカード」一択ですが、
今回はソラチカルートとは別に、カード決済分で貯める場合を考えます。

 

カード選定の条件

まず、カードを選定して試算するために、自分の利用ケースにあてはめて条件を決めることにしました。以下が設定した条件です。

  1. 年間決済額は300万円。
  2. 家族カードもほしい。
  3. 三井住友カード系はマイ・ペイすリボを使う。
  4. 年会費、マイル移行手数料も考慮しておトクなカードがいい。


1については、昨年のJALの獲得マイル数が大体30,000マイルだったので、逆算して決済額を出しました。

2は奥さんもカード使うので、家族カードありの場合で試算します。

3は三井住友カード系は、獲得マイル数が増え、年会費も安くなる、マイ・ペイすリボを使う前提で試算します。

4は当たり前ですが、獲得マイル数だけでなく、年会費とマイル移行手数料というコストも考慮して、おトクなカードを見極めます。

 

ANA VISA ワイドゴールドカードの獲得マイル数

では、まず最強の還元率と名高い、ANA VISA ワイドゴールドカードについて獲得マイル数を試算します。

まず、ANA VISA ワイドゴールドカードでは1,000円の決済につき1ポイントのポイントがもらえます。そして、獲得したポイントは1ポイント10マイルでANAマイルに交換できます。1,000円で10マイルなので還元率1%ですね。

つまり、年間決済額が300万円の場合は、300万円 × 1% = 30,000マイル獲得できます


また、三井住友系のカードはマイ・ペイすリボというリボ払いのサービスを使うと、通常のポイントとは別に、ボーナスポイントももらえます。(リボ払いの手数料が発生した場合のみ)

f:id:buffalocucum:20160418165942p:plain

マイ・ペイすリボ|クレジットカードの三井住友VISAカード


ボーナスポイントは通常のポイントと同じように、1,000円につき1ポイントもらえるので、300万円決済すると、もらえるボーナスポイントは3,000ポイントになります。

ボーナスポイントは1ポイント3マイルでANAマイルに交換できますが、Gポイントを使った交換の方がレートが高いため、そちらの交換ルートを使います。

Gポイント→メトロポイント→ANAマイルのルートを使うことで、ボーナスポイント3,000ptは、13,320マイルになります。

f:id:buffalocucum:20160418220713p:plain



さらに!ANA VISA ワイドゴールドカードは年間決済額に応じて、さらにボーナスポイントがもらえます。

f:id:buffalocucum:20160418220853p:plain

ボーナスポイント|クレジットカードの三井住友VISAカード


今回は、前年も今年も300万円決済するとし、ステージV3で試算します。
50万円で300ポイントなので、300万円だと、1,800ポイントになります。

同じようにGポイント経由で交換すると、1,800ポイントは8,010マイルになります。

f:id:buffalocucum:20160418221553p:plain



これで、決済分についてのマイルの試算は完了ですが、ANA VISA ワイドゴールドカードは継続時にボーナスマイルが2,000マイルもらえます。これも試算に入れます。

f:id:buffalocucum:20160418221836p:plain

ご入会・ご継続で貯める│ANAカードで貯める│マイルを貯める│ANAマイレージクラブ


さぁ全ての試算が出揃いましたのでまとめると、年間300万円決済することで獲得できるマイルは、トータルで53,330マイルとなりました。

  • 通常決済分で30,000マイル
  • マイ・ペイすリボのボーナスポイントで13,320マイル
  • 年間決済額に応じたボーナスポイントで8,010マイル
  • 継続時のボーナスマイルで2,000マイル

 

ANA VISA ワイドゴールドカードの年間コスト

では、年間コストについてはどうでしょうか?
まず年会費ですが、ANA VISA ワイドゴールドカードは、Web明細+マイ・ペイすリボを利用することで、年会費が割引になり、本会員が9,500円+税、家族会員が2,500円+税になります。

f:id:buffalocucum:20160418221332p:plain

ANAカード 年会費割引特典|クレジットカードの三井住友VISAカード

もう1つのコストとして、ポイントをマイルに交換するための移行手数料がありますが、ANA VISA ワイドゴールドカードはマイル移行手数料は無料です。

つまり、ANA VISAワイドゴールドカードの年間コストは12,000円+税となりました。


追記:2016年4月19日
年間コストにリボ払い手数料を含むのを忘れていました。
しかし、マイ・ペイすリボの場合、手数料が発生する残高を自分でコントロールでき、リボ払い手数料を毎月十数円に抑えることができます。
そのため、年間コストとしては考慮しないことにします。

  

まとめ

ANA VISA ワイドゴールドカードを自分のケースに当てはめた場合、年間の獲得マイル数は53,330マイル、年間コストは12,000円となりました。

年会費はそれなりにかかりますが、さすがゴールドだけあって、獲得できるマイルも多いですね。

まずは、最有力候補だったANA VISA ワイドゴールドカードの試算ができたので、次回以降、別のカードも同じように試算し、比べてみたいと思います。

 

 

関連記事