読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

milehack.com

milehack(マイルハック) マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

1マイルは何円?旅割75と比較してマイルの価値を考えてみた

f:id:buffalocucum:20160327231937j:plain

ふと感じた疑問。

1マイルって何円の価値なのか?

私は今まで、カード決済でマイルを貯めていたので、100円=1マイルという考えが染み付いていました。

ただどうやら、ちまたでは1マイル=2円というのが通説になっているようです。
本当にそうなのか?考えてみました。 

 

比較対象としてANAの旅割75をチョイス

1マイルって何円の価値があるのか?

確実に言えることは、比較対象によって変わる、ということ。

国内線なのか、国際線なのか、通常料金なのか旅割なのか?
はたまたショッピングで貯まるマイルで考えるのか?

比較対象がはっきりしないと計算もできないので、今回はANAで、最安で現金購入できる旅割75と、国内線特典航空券で最安のLシーズンの必要マイル数を比較することにしました。

現在10月分までの旅割を販売中とのことで、10月分の旅割75の運賃を使うことにします。実際には10月はLシーズンではなく、Rシーズンですが、現時点で旅割75販売中+Lシーズンの時期が無いため、とりあえず10月としました。

 

旅割75と比較してマイルの価値を算出

実際に、羽田-福岡間で比べてみました。

まずは、旅割75の料金を計算します。10月分の料金一覧の中から旅割75の料金を使います。

f:id:buffalocucum:20160327224810p:plain

ただ、ご覧のように時間帯によって料金のばらつきがあるため、平均をとることにしました。

福岡行きの便は一日に26便あったので全ての時間帯の運賃を足して26で割ります。
この時点で気づくべきでした。もう少し便数の少ない便の方が計算が楽だということに…。

そんなこんなで計算した結果、羽田→福岡の旅割75の平均運賃は13,217円でした。
往復で比較したいので単純に倍にすると、26,434円になります

 

続いて特典航空券に必要なマイル数です。こちらは計算は必要なく、ANAのサイトで確認できます。
Lシーズンの羽田-福岡間の必要マイル数は12,000マイルです。

f:id:buffalocucum:20160327224845p:plain

 

これで材料が揃いました。
羽田-福岡間の飛行機に乗るためには、旅割75ならば26,434円、特典航空券ならば12,000マイル必要です。つまり、これら2つは同じ価値と考えることができます。
そのため、旅割75の運賃を、特典航空券のマイル数で割ると、1マイルあたり何円かがわかります。

26,434円 / 12,000マイル = 2.2円

このとおり1マイル = 2.2円となりました。
確かに1マイル=約2円と考えてよさそうです。

今まで100円=1マイルと考えていたので、逆に自分の中のマイルの価値が下がった気もしますが、どうやらこれが事実のようです。

 

まとめ

旅割75を例にして、マイルの価値を考えてみたところ、1マイル=2.2円という結果になりました。
もちろん、比較対象を違うものにすることで1マイルの価値は上がったり、下がったりするので、あくまで参考値ですが、今後比較するときの指標にしたいと思います。

 

 

 

関連記事