読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

milehack.com

milehack(マイルハック) マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

ANA VISA ワイドゴールドカードが届いてからやったこと

f:id:buffalocucum:20160522221928j:plain

ついに!待ちに待ったANA VISA ワイドゴールドカードが届きました!

今回は、ANA VISA ワイドゴールドカードが届くまでと、届いてからやったことをまとめてみようと思います。

色々考えた末、私のメインカードとなるカードです。経緯と結果については以下の記事にまとめてあります。よろしければどうぞ。

また、2017年4月30日までANAカード入会キャンペーンが開催中です。
ANA VISA ワイドゴールドカードを発行する場合、最大で33,000マイル+α獲得できるチャンスです。詳しくは以下記事をご覧ください。

 

カード申込〜カードが届くまで


まず、ANA VISA ワイドゴールドカードを申し込んでから届くまでを振り返ってみたいと思います。

  • 2016年4月24日 カードを申し込む
    ハピタス経由でカードを申し込みました。しかし、このとき、口座振替先の銀行のWebサイトがメンテナンス中で、オンライン口座振替ができず、書類手続きになるという失敗をやらかしました。

  • 2016年4月30日 書類が届く→即日返送
    約1週間後に、カード入会に関する書類が届きました。急いでカードを作りたかったので、速攻で記入+本人確認書類を添付して返送しました。

  • 2016年5月13日 審査結果がメールで届く
    GWの次の週に、審査に通過し、カードを発行する旨のメールが届きました。
    待ってました!
  • 2016年5月20日 カード到着!
    実のところ、前日の5月19日に届いていましたが、受け取れず、5月20日カードを受け取りました。ようやく到着です!


こうして振り返ってみると、申し込みから約1ヶ月でカードが届きました。
オンライン口座振替に成功していれば、もう少し早く届いたはずです。以後、気をつけたいと思います。

 

カードが届いてからやったこと 


こうして無事届いたANA VISA ワイドゴールドカード。カードが届いたらすぐ使えますが、カードを使う前にいくつかやったことがあるのでご紹介します。

1. キャンペーンへのエントリー


今回のカード発行では、ハピタスからは2,000ptもらえる予定ですが、それ以外にANAと三井住友カードのキャンペーンで27,000マイルもらう予定です。


しかし、キャンペーンでマイルをもらうためには、カード到着後にエントリーが必要とのこと。忘れずに以下のキャンペーンにエントリーしました。

  1. ANAカード入会キャンペーン 
  2. マイペイすリボ利用キャンペーン
  3. 家族カード利用キャンペーン
  4. iD利用キャンペーン

1はANAのサイトから、2〜4は三井住友カードのVpassからキャンペーンにエントリーしました。

ANAのキャンペーンエントリーは、ANAのサイトにログイン後、マイメニューの「MYキャンペーン」から登録します。

f:id:buffalocucum:20160522213356p:plain


f:id:buffalocucum:20160522213404p:plain

MYキャンペーンの下の方に、ANAカード入会キャンペーンの登録ページがあります。以下は登録後の画面です。

f:id:buffalocucum:20160522213619p:plain

また、ANAのキャンペーンでは、メールマガジン(PC版)を受信する必要があるため、メールマガジン(PC版)を全て受信する設定にしました。
「メールマガジンサービスのご案内」から設定変更ページに行けます。

f:id:buffalocucum:20160522213529p:plain

 

三井住友カードの方は、以下のページからエントリーを済ませました。
それぞれのキャンペーンへのリンクがあるので、そこからエントリーのページに行き、登録をすればOKです。

キャンペーンのエントリーは以上です。

 

2. マイペイすリボの支払額変更


さて、ANA VISA ワイドゴールドカードは、今後メインカードとして使用予定ですが、もっとも効率よくマイルを貯めるためには、毎月リボ払い手数料を発生させ、ボーナスポイントをもらう必要があります。

詳しくは以下記事をご覧ください。 


ボーナスポイントをもらう流れは以下のようになります。 

  1. リボ払いの支払い枠を普段使う金額より低く設定。
  2. 請求額が確定したら、リボ払い手数料が少額だけ発生するように、支払いの枠を変更。
  3. ボーナスポイントゲット!

ということで、まずは1の支払い額の設定をしました。

三井住友カードの会員サイト、Vpassにログインし、「リボ払い&キャッシング」→「お支払いコース変更」をクリックします。

f:id:buffalocucum:20160522214738p:plain

f:id:buffalocucum:20160522214748p:plain


元金定額コースの金額を変更します。ここに、自分が最低でもこれくらいは使うだろうという金額を設定します。

f:id:buffalocucum:20160522214846p:plain

金額を設定したら準備は完了で、後は、請求額が確定後に、リボ払い手数料が少額だけ発生するように増額申請をします。

増額申請については、実際やってみた結果を後日シェアしたいと思います。

 

 

3. 公共料金などの支払いカードを変更


最後に公共料金や携帯料金の支払いカード変更についてです。
Webや電話で各社変更できます。

東京電力

以下URLから変更が可能です。

申し込みには、以下の情報も必要になるので、検針票などで事前に確認しておくのが、オススメです。

  • お客様番号
  • 事業所コード
  • 地区番号

「でんき家計簿」という東京電力のサービスを利用している方は、そちらでも確認できます。

でんき家計簿 ログイン

  

東京ガス

以下URLから手続きできます。

東京ガスも「お客様番号」が必要になるため、検針票もしくは「myTOKYOGAS」から確認しておきましょう。

 

横浜市水道局

横浜市水道局は、書類での手続きが必要です。
サポートセンターに電話して申し込み用紙を郵送してもらいました。

f:id:buffalocucum:20160531070312p:plain


東京都水道局も書類で手続きが必要なようです。
詳しくは以下をご参照ください。

 

フレッツ光
フレッツ光は以下URLから支払いカードを変更できます。
Webから手続きできますが、申し込みの際に「お客様電話番号等」という番号が必要になります。これは連絡先ではなく、フレッツ開通のお知らせに書かれている番号のことです。
というわけで、事前に開通のお知らせを用意しておくとスムーズです。

 

まとめ


ANA VISA ワイドゴールドカードが届くまでと届いてからやったことのご紹介でした。

本来であれば、ポイントサイトでマイルを貯めるのが陸マイラーの正攻法であり、カード決済でマイルを貯めるのはサブ的な位置づけです。
しかし、カード決済は今の生活とは切っても切れない関係なため、せっかくなら活用していきたいと思います。

 

 

関連記事