読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

milehack.com

milehack(マイルハック) マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

CRECO(クレコ)を使って手間なく年間数千マイル貯める方法

f:id:buffalocucum:20170103160932p:plain

今回は、CRECO(クレコ)というアプリを使ったマイル獲得方法のご紹介です。

CRECOというアプリを使うと、ほとんど手間なく、年間数千マイルを貯めることができます。
年間数万マイルの大量マイルを貯めることは難しいですが、ポイントサイトでマイルを貯める方法の、サブ的方法としてご紹介したいと思います。


2016年8月20日更新:
8月よりCRECOのポイント体系が変更になったため、大幅に記事を更新しました。

 

CRECO(クレコ)とは?


CRECOは複数のクレジットカードの明細を一括して管理できるアプリです。
自分の持っているクレジットカードを登録すると、カレンダーにいつ何にどんなカードを使ったか表示してくれます。

f:id:buffalocucum:20160610223944p:plain

CRECO クレジットカードの利用明細をお得にまとめるアプリ

また、大きな特徴は、CRECOを利用することで「CRECOポイント」というポイントがもらえることです。

CRECOポイントとは?

「CRECOポイント」はCRECOを利用することでもらえるポイントです。
大きく以下の2パターンでポイントを貯めることができます。

  • 「オファー」を利用する。
  • クレジットカードを利用する。

まず、「オファー」とは、おすすめのショップ情報のことです。CRECOを利用していると、CRECOからおすすめのショップの情報が届きます。
そのショップで買い物をすることで、CRECOポイントを貯めることができます。

2つ目は、クレジットカードを利用することでCRECOポイントを貯める方法です。
まず、CRECOにクレジットカードを1枚登録するごとに30ポイントもらえます。
そして、クレジットカードの利用額に応じて、1,000円につき1ポイントもらえます。

つまり、最初に登録したあとは、普段通りにカードを使うことでポイントを貯めることができます。

以上のように、CRECOはクレジットカードの明細を管理しつつ、ポイントも貯まっていくユニークなサービスです。

なお、CRECOはユーザーの利用明細から、おすすめのクーポンを配信することで、クーポン配信元から収益を得ています。
私は気になりませんが、利用明細などの個人情報を利用されたくない、という方は利用を避けた方が無難です。

  

CRECOポイントはPeXに交換できる


さて、ここからが本題ですが、先ほどご紹介した、「CRECOポイント」は、PeXのポイントに交換することができます

PeXのポイントに交換できるということは、PeX→メトロポイント→ANAマイルというソラチカルートを使うことができ、CRECOのポイントはANAマイルに交換することができる、ということです。

気になる交換レートですが、CRECOポイント500ptPeXの5,000ptに交換できます。(最低交換ポイントは500ptから)


そして、PeX→メトロポイント→ANAマイルと交換すると、CRECOポイント500ptは、450マイルのANAマイルに交換することができます。

f:id:buffalocucum:20160610225843p:plain


仮に300万円年間で決済する場合で試算してみましょう。

CRECOポイントは1,000円の利用につき1pt貯まるので、300万円利用した場合、3,000ptが1年間で貯まることになります。

そして3,000ptはソラチカルートを通すことで、2,700マイルに交換することができます。

f:id:buffalocucum:20160610225939p:plain


正直なところ、ポイントの還元率は決して高くありませんが、カードを登録して今まで通りにカードを利用するだけでマイルが貯まるので、ANAカードの継続ボーナスマイルのようなオマケ感覚でマイルを貯めることができます。

ちなみに、CRECOポイントはPeXのポイント以外に、Amazonギフト券や、家電やグルメギフトなどの景品とも交換することができます。
ただ、景品については、最低でも6,000pt必要なので、貯めるのはなかな大変かと思います。

 

CRECOを使う上での注意点


つぎに、CRECOの利用にあたり、2つ注意点をご紹介します。

1. ポイントには有効期限がある

CRECOのポイントには有効期限があります。

  • 最初はアプリをインストールした月から1年間が有効期限。
  • 以降、オファーを利用してポイントが付与された月から1年後に有効期限が延長される。

というわけで、最初の1年は特に気にする必要はないですが、それ以降はオファーを利用してポイントを獲得しないとポイントが失効してしまいます。

オファーが来るショップには「楽天市場」などメジャーなショップもあるため、ポイントを獲得するのもそう難しくはないと思いますが、有効期限には気をつけましょう。

 

2. 明細は手動で取得する必要がある

マネーフォワードなどの家計簿アプリは、一度カード情報を登録すれば定期的に情報を取得してくれますが、CRECOは手動で更新をしないとカードの利用明細を取得できません。また、利用明細を取得することでCRECOポイントがもらえるため、ポイントを獲得するには月に1回程度、明細取得をする必要があります。

そこまでの手間ではないと思いますが、自動で取得はしてくれないので注意が必要です。

 

CRECOの使い方


最後に、簡単にCRECOの使い方をご紹介します。

まずアプリを起動したホーム画面では、カレンダー表示で、いつ、いくら、何のカードで支払いをしたかを確認することができます。

f:id:buffalocucum:20160820164947p:plain

 

カードの登録は左上のカードアイコンをクリックし、「+」をクリックします。
追加できるカードの種類は、現在166種類もあります。

f:id:buffalocucum:20160820164955p:plain

f:id:buffalocucum:20160820165004p:plain

f:id:buffalocucum:20160610231156p:plain

 

カードを選択すると、クレジットカードのWebサービスへのログイン情報を入力する画面が表示されるため、ログイン情報を入力し、登録します。

f:id:buffalocucum:20160610231246p:plain

登録が完了すると、CRECOポイント30ポイントがもらえます。

ポイントについては、「メニュー」→「ポイント」から確認できます。

f:id:buffalocucum:20160820165017p:plain


登録したカードの明細は、ホーム画面の更新ボタンから取得することができます。
明細取得後、利用金額に応じて、CRECOポイントがもらえます。

f:id:buffalocucum:20160820165028p:plain

 

まとめ


CRECO(クレコ)を使って、マイルを貯める方法のご紹介でした。
大量マイルとはいきませんが、少ない手間で年間数千マイルは狙えると思います。ポイントサイト利用のオマケとしてぜひお試しください。

 

関連記事