読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

milehack.com

milehack(マイルハック) マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

【ANA国際線】子供の運賃・予約についてのまとめ

f:id:buffalocucum:20160502221717j:plain

前回、ANA国内線の子供の運賃・予約についてまとめましたが、今回は、ANA国際線についてまとめます。

子供の運賃や予約について、国内線と国際線は似ているようで違います。国内線については、以下記事をご覧ください。

実のところ、私は子供を連れて海外に行ったことは無いのですが、いつかハワイやグァムに子供を連れて行きたいと考えてます。そのときに役立つ情報でもあるので、調べてみました。

まず、簡単に図にすると以下のようになります。

f:id:buffalocucum:20160502215749p:plain

図のように子供は年齢によって3つの区分に分かれます。

  • 幼児(生後8日〜1歳)
  • 小児(2歳〜11歳)
  • 12歳以上

以降で、それぞれの選択肢について説明します。

 

幼児の場合


ANA国際線では、「生後8日〜1歳」の子供が幼児になります。
幼児は大人の膝の上に座るか、座席を確保するか選択できます。

 

大人の膝の上に座る

子供が幼児の場合、大人1名につき、1名の幼児が膝の上に座れます。膝の上に座る場合、大人運賃の10%の幼児運賃がかかります

国内線は膝の上に座る場合、無料なので勘違いしがちですが、国際線ではたとえ膝の上でも運賃がかかるので注意が必要です。

なお、大人1名につき、2名の幼児を同伴できますが、膝の上に座らせられるのは1名の幼児のみで、もう1名は座席を確保することになります。

 

座席を確保する

幼児の座席を確保する場合、小児が座席を確保する場合と同様の扱いになります。
以降の「小児の場合」をご覧ください。

なお、幼児が座席を確保する場合、インターネットでは予約できないため、ANA電話窓口での予約が必要になります。

 

小児の場合(幼児が座席を確保する場合)


ANA国際線では、「2歳〜11歳」の子供が小児になります。
小児になると、もう大人の膝の上に座ることはできず、子供の分の座席を確保する必要があります。
マイルを使って予約をするかどうかで、大きく2通りに分かれます。

 

特典航空券で予約する

子供が小児(2歳〜11歳)もしくは幼児(生後8日〜1歳)で、子供の座席を確保する場合、マイルを使って特典航空券を予約することができます。

その場合、特典航空券で使用するマイル数は、大人と同じマイル数になります。
この考え方は国内線も同様です。

 

小児運賃で予約する

子供が小児(2歳〜11歳)もしくは幼児(生後8日〜1歳)で、マイルを使わずに子供の座席を確保する場合、大人運賃の75%の小児運賃で航空券を購入することができます。

国内線では小児運賃は大人運賃の50%であるため、国際線の方が高めに設定されてます。

 

12歳以上の場合


12歳以上は、もう子供ではなくなり、大人と同様の扱いになります。
大人と同様の運賃、もしくは特典航空券で子供分の座席を予約します。

 

 

以上がANA国際線の子供の運賃・予約についてのまとめです。

実のところ、ANA国際線には「ジュニアパイロット」という子供ひとりで搭乗できるサービスもあるのですが、この選択肢を入れるとさらに複雑になるため、また別の機会でご紹介したいと思います。

 

まとめ

ANA国際線の子供の運賃・予約についてのまとめでした。

調べてみて感じましたが、国内線と国際線で微妙にルールが違うことと、子供の運賃や予約についての情報が数ページに分かれて記載されていることが、わかりづらくさせている要因だと思います。
今回のまとめ記事が少しでもお役に立つと嬉しいです。

 

 

関連記事