読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

milehack.com

milehack(マイルハック) マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

マイルの貯め方=マイルハックを綴るブログ。

ANAマイルの有効期限がもうすぐ切れる!2つの延長方法をご紹介

f:id:buffalocucum:20160319204409j:plain

今回はANAマイルの有効期限のお話。
先日、友人からこんなことを聞かれました。

「ANAマイルが20,000マイル近くあるんだけど、そろそろ有効期限が切れそうなんだよねー。なんか延ばす方法無い?」

え、延ばす方法なんてあるの?
早速Google先生に聞いてみたところ、いくつかの方法があることがわかりました。

 

ANAマイルの有効期限

そもそもANAマイルの有効期限って何年なのか?

ANAマイルの有効期限は3年です。

f:id:buffalocucum:20160319195454g:plain

もう少し正確に言うと、マイル積算月から数えて3年後の月末に失効してしまいます。
特典航空券とかで毎年のようにマイル使っていれば、有効期限なんて気にすること無いと思ってたのですが、友人のように、意外とこういう方がいらっしゃることを知りました。

 

ANAマイルの有効期限を延ばす方法

さて、ではANAマイルの有効期限を延ばす方法を2つご紹介したいと思います。
友人を例にとって、以下が前提条件になります。

  • 10,000マイル以上貯まっていること。
  • クレジットカードのポイント等ではなく、すでにANAマイルに交換されていること。

1. 特典航空券を発券する

一番オーソドックスな方法でしょうか。

国内線の特典航空券の有効期限は発券から90日間です。

特典航空券は発券後に区間の変更はできませんが、日程の変更は可能なため、とりあえず発券して、後から日程を変更する、ということができます。
こうすることで、90日間の猶予が得られます。
国際線の場合の有効期限は、発券から1年間なので、さらに猶予がありますね。 

よし、これを教えてあげようと思い、友人に伝えたところ、 

「いや、そんなすぐに旅行なんて行く予定無いし…」

じゃあなんでマイル貯めてるんだよ!(笑)と心の中でツッコミつつ、
別の方法を探りました。

 

2. メトロポイントに交換してからまたANAマイルに戻す

特典航空券がダメならこの方法が良いかと思いました。
これは、ANAマイルからメトロポイントに一度交換し、再度メトロポイントからANAマイルに交換するという方法です。

f:id:buffalocucum:20160319195606g:plain


この方法を使うと、再び有効期限が3年になり、有効期限を3年延長できることになります。

デメリットとしては、メトロポイント→ANAマイルの交換レートが90%であるため、マイルに戻すときに10%マイルが減ってしまいます。
ただ、10%の手数料で有効期限が3年延ばせると思えば、決して高く無いと思います。

なお、この方法を使うためにはソラチカカードが必要になります。
ソラチカカードを使うことで、メトロポイント→ANAマイルが90%のレートで交換可能です。

すごい方法を見つけた!と思い友人に伝えたところ、

「え、何ソラチカって?空が近いってこと?」

多分そうだけど!そこじゃない!(笑)

その後説明し、なんとなく理解してもらえた様子。
以下のソラチカカードの記事を読んで勉強してもらうことにしました。 

まとめ

今回は友人のケース前提ですが、ANAマイルの有効期限の延ばし方を2つご紹介しました。自分の勉強にもなったネタを提供してくれた友人に感謝です。

  • 特典航空券にすると、国内線なら90日、国際線なら1年有効期限が延ばせる。
  • メトロポイントに一旦交換して、再度ANAマイルに戻すことで有効期限が3年延ばせる。

 

 

関連記事